2010/6/3 ~顧客中心主義を追求し続ける知財経営~

 

日時

2010年 6月3日(木) 
14:00~17:00 (13:30会場)

場所

浅草ビスタホテル 2階ロイヤルホール

参加人数

20名

内容

第一講座

正田 喜代松氏(株式会社ヤマト屋会長)

『究極のお客様主義と知財の融合』

●経営理念「人は人のために生きてこそ人なり」
 ~「隙間を埋めるモノ創り」~

●経営の三種の神器
 ・経営計画/方針の明示
 ・お客様中心主義=「クレームは宝」
 ・環境整備「清潔・整理・整頓」で会社を磨く

●「問題に対する変化対応が知財=価値を産む」

第ニ講座

木村高明(至誠国際特許事務所)

『アイディアから知財に繋げる方法』

●アイディアから知財に繋げる方法とは?
●新製品開発から特許取得を実現するノウハウ
●中小企業における実用新案が使えるという本当の意味とは?
●知財を使った業績アップ手法とは?

今回は株式会社ヤマト屋会長 正田 喜代松氏をお招きしてセミナーを開催しました。
株式会社ヤマト屋様は、明治25年に創業されたバッグメーカーです。
ヤマト屋様では、「お客様の声で進化し続ける」ということをかかげ、「クレームは処理するもの」ではなく、「気付きをいただく天の声」と受け止め、「お客様の困りごとはわが社の問題=本物のお客様中心主義」として取り組まれています。


サービスに関するご質問・お見積のご依頼は無料です お電話またはメールにてご連絡ください 03-5830-7210 無料相談のご予約はこちらから