動画でわかる特許!

このページでは、至誠国際特許事務所所長の木村高明が、特許や商標に関する疑問をインタヴュー形式でお答えいたします!

特許についてのインタビュー

①特許出願に必要な調査とは何でしょうか?

②出願に必要な書類は何があるでしょうか

③特許出願の国内優先権とは何でしょうか

④知的財産権を侵害されたとして訴訟になったケースで、高額訴訟になった例

⑤特許を侵害されたとして訴えられたら、どう対処すべきなんでしょうか

⑥私の特許権が他人の意匠権に抵触している旨の警告を受けましたのですが、使い続けられますか? 抵触とは何でしょうか。

⑦どのようなものが特許の対象になるのでしょうか?

⑧日本でとった特許は外国でも有効でしょうか?

⑨模倣品を上手く排除するには?

⑩特許はどこに申請するのでしょうか?

⑪新製品を特許出願中として売り出すことはできるのか?

⑫ビジネスにおいて特許をとるメリットとデメリットは何でしょうか?

⑬特許の調査にはどういったものがありますか?

⑭まだ開発中で製品が出来ていないのですが、この段階でも特許が取れますか?

⑮特許に関する調査するにはどうしたらよいでしょうか?

外国出願についてのインタヴュー

①外国における商標登録のルートについて

②外国での特許紛争について

③外国での権利出願について

④既に販売した製品や発表した発明はもう権利化できませんか?

⑤外国で特許を取るための留意点について

⑥外国出願するためのルートはどのようなものがありますか?

 


サービスに関するご質問・お見積のご依頼は無料です お電話またはメールにてご連絡ください 03-5830-7210 無料相談のご予約はこちらから