2017年6月号 ニュースレター

2017年6月号のコンテンツ

【今回のコンテンツ】

1.至誠国際特許事務所 所長木村の念い
2.新入社員のご紹介
3.木村いずみの中国・台湾特許事務所訪問

ニュースレターPDF版

至誠国際特許事務所所長木村の念い

当所顧客の皆様にはご健勝のことと拝察いたします。

至誠国際特許事務所は、多くの特許事務所が大企業をお客様として業務している中で、「中小企業支援」を旗印に掲げた数少ない特許事務所です。
私の「中小企業支援」への念いは以下の点にあります。

日本の経済構造においては全企業の99.7%が中小零細企業です。しかしながら、日本の特許出願件数34万件の大半が大企業からの出願です。現在の厳しい世界の経済状況の中で技術立国としての日本を支えていくためには、特許制度、知的財産制度は欠かせませんが、そのユーザーの殆どは大企業であり、中小零細企業の方々が十分に知財制度を利用しているとはいえません。

日本の産業構造の特徴の一つは優秀な大企業と、それを支える多数の中小零細企業の存在です。この点は、、、

↓このトピックスの続きはこちらからどうぞ!
ニュースレターPDF版

新入社員のご紹介

2016年11月に入所しました。中村純也と申します。

大学卒業後、原子力の安全評価に携わり、主に数値解析を担当しておりました。その折りに特許の業界を知り、弁理士や特許技術者という仕事に興味を持ちました。
解析の世界を離れましてから、特許事務所での権利化業務や特許ライセンス法人での運営業務を経験しました。

今、至誠国際特許事務所という一味違う特許事務所で、知財業務の本当の面白さを実感しながら、主に中小企業や個人のアイデアと日々向き合っております。専門部署を抱える大企業とは違い、多くの中小企業の方々におかれましては、、、

↓このトピックスの続きはこちらからどうぞ!
ニュースレターPDF版

木村いずみの中国・台湾特許事務所訪問

昨年11月に中国へ、12月に台湾へ海外出張し、提携している現地の特許事務所を訪問しました。弊所のお客様から依頼された中国と台湾への特許出願等を依頼している事務所であり、弊所の大切なパートナーです。

中国の北京にある銘碩事務所では、、、

↓このトピックスの続きはこちらからどうぞ!
ニュースレターPDF版

ニュースレターの最新記事

サービスに関するご質問・お見積のご依頼は無料です お電話またはメールにてご連絡ください 03-5830-7210 無料相談のご予約はこちらから