特許調査の概要・意義と特許調査のメリット

特許調査の概要を知る事が必要になる

特許とはすでに出願されているものがある時に重要になるものであり、特許を取ると言う事は新しい発案をすると言う事になります。もちろん、この調査は無駄を省くためのものであり、同じ様なものを排除又は認めないために存在しています。
これは非常に大切な事であり、特許を取る事が出来れば、その時点でその発案や事業の行いに関しての権利を得る事が出来ます。そのため、特許調査は権利侵害にならないかを確かめるためのものであるとも判断されます。もちろん、一種の資料としても存在価値があるので、これを利用して会社間のいざこざが起きない様に努める方法として申し分ありません。
更に出願しようとするものが権利の侵害になっていないかを見極める事は重要となっています。

特許調査のための基礎知識は養うべき事

公開広報、IPC、公告広報など基本的に知っていなければならない事は沢山あります。更に自分の出願したものの概要はきちんと公開される事になるので、これを持って権利を侵害していないか判断する術もあります。

特許を取る事は自分のものになると言う事ですが、日本の場合の特許調査は特許電子図書館にて調べる事も可能となっています。発明に関係した文献を調査すると言う意味があるのですが、基礎的な事を知っていれば、引っ掛かると言う事はそんなにありません。
もちろん、タイムラグなどにより、完璧な調査は困難とされていますが、調査が可能と言う事を知っておく意味はあります。又、外国では特許庁が用意しているもので調べる事が可能となっています。

特許調査の意義とは?意味があるのか

特許調査を行わないとどんな事になるか考えても素人には良く分からない事です。
しかし、仮に特許調査がない場合を考えて見るとどんな事になるか想像しやすくなります。
例えば、会社が大きな予算をつぎ込んで、自社だけのブランドを作ろうとした際に同じ様な商品を出願していて、とっくに権利化している時は大きな損害になる事は目に見えています。そのため、特許調査をすると言う事は直接的に会社の負担などを抑えていると言う見方をする事が可能です。

これがないと、権利があるかどうか分からないまま、商品の開発を進めてしまい最悪の場合には凍結もあり得る事になります。そして、これをそのまま商品化してしまうと特許侵害行為になってしまうのも知っておきたい事です。

特許調査のメリットは?やっておくと良い事

特許調査をすると言う事は自社の予算を不明なところに使う事もなく、安心して商品開発を行う事が出来ると言う点があります。もちろん、特許侵害行為など基本的な事にも引っ掛かる事がありませんし、大きなメリットになります。
途中で商品の開発傾向を変更すると言う手段も使えるので、予想する事態とは大きく違って来ます。もちろん、登録特許を無効にする事も可能としていますが、これは一つの方向性として考えておくと良い事です。

どの様な点で必要となるのかが一番重要な点です。同様の技術開発を回避する、二重投資を防ぐ、他社特許の侵害を防ぐ事が可能など大きなメリットも多数あります。これは特許調査がないと困る事ばかりであり、非常に重要な項目です。

特許お役立ち情報の最新記事

サービスに関するご質問・お見積のご依頼は無料です お電話またはメールにてご連絡ください 03-5830-7210 無料相談のご予約はこちらから