ビジネスにおいて特許をとるメリットとデメリットは何でしょうか?

質問内容

ビジネスにおいて特許をとるメリットとデメリットは何でしょうか?

回答

特許というのは、アイデアを公開する代わりに、一定期間、独占して製造、販売等の実施ができるという権利を付与するということが目的です。

従って、メリットとして、あるアイデアに関して特許を取得することができれば、自らのアイデアを他人に勝手に真似されないということがあります。

真似された場合には侵害として、民事的救済により金銭賠償を求められます。

さらに刑事罰の適用もありえます。

さらに、マーケットを独占し、経済的利益を独占できます。

また、仮に特許が取れなかった場合でも、特許庁に出願して1年半後にアイデアが公開されるので、これにより同じアイデアに関して、他人が特許を取ることができない状態にできる点もメリットになり得ます。

一方、デメリットは、アイデアを公開してしまうため、特許を取れなかった場合には、誰もが自由にこのアイデアを真似することができてしまう点が挙げられます。

アイデアを考えたけれども特許をとるべきかどうか、については、一度弁理士にご相談頂ければと思います。

 


サービスに関するご質問・お見積のご依頼は無料です お電話またはメールにてご連絡ください 03-5830-7210 無料相談のご予約はこちらから